年間300冊の本を読む男、発信する男

セルフブランディングとは何か?|『俺か、俺以外か ROLANDという生き方』の読書レビュー

プレゼンする男性

ご訪問いただきありがとうございます。

今回は、歌舞伎町No1ホストの自伝からセルフブランディングとは何ぞやという学びを得たのでご紹介します。

ヨムオ

『セルフブランディングとは何か?』という問いに対する一つの解が生まれるような本でした。人は自信に満ち溢れた人にあこがれます。そういう人の周りには人が集まります。そしてお金の流れが生まれるようになります。
こんな方におススメ
  • 自分に自信が持てないと悩んでいる人
  • SNSなどでフォロワーがつきにくいと悩んでいる人

セルフブランディングとは何か?

読書の前にセルフブランディングとは何かについて考察を深めておくと、さらに深く読み込めるのではないかと思います。

セルフブランディングとは

セルフブランディングとは、企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。

wikipedia

セルフブランディングについては様々な解釈があります。

『ありのままの自分でいる事が大事 』 だとか『自己価値を高めること』だとか…

それはそれで良いと思いますが、大事な大事なブランディングの定義が抜け落ちているので注意されたいですね。

ブランドの3要素
  1. 差別化
  2. 安心
  3. 価値

この定義からすると、『ありのままでいること 』 が価値につながらなければまったく意味がありません。『自己価値が高めた人 』 であっても周囲へ安心を与えられる人でなければ自己満足に過ぎないのです。

だからこそ、『俺か、俺以外か』という考え方で差別化を出して、多くの顧客を満足させ、No1という価値を生み出したこのプロセスはセルフブランディングの結晶ともいえます。

ぜひ、このような視線に立って読んでみてください。

『俺か、俺以外か ROLANDという生き方 』概要

この本について

俺か、俺以外か

ROLAND (著)

2019年3月11日

amazon ☆4.5(31件のレビュー)

私のレビュー ☆5

kindle価格 ¥1,361

製本価格 ¥1,512

紙のページ数 240ページ


著者について


●ROLAND:1992年7月27日生まれ。AB型。東京都出身。身長182cm。
ホスト、ファッションモデル、タレント、実業家。現代ホスト界の帝王と称される。
18歳でホストを始め、22歳のとき史上最高額の移籍金で移籍し話題に。25歳のときにKG-PRODUCE取締役に就任。2018年のバースデーイベントでは6000万円以上の売上を記録し、歴代売上最高記録保持者となる。ホスト引退後は独立し、ホストクラブオーナー、美容品のプロデュース、アパレル事業、メンズ美容サロンのオーナーも務めるなど実業家としても活躍中。

amazon

コンテンツ

構成

8章+プロローグとエピローグ。

1節の名言にROLAND自身が解説を加える形式です。

個人的には名言はさほど…

すごくキャッチーと感じるものが多いわけではないのですが、その背景にあるROLANDismには心動かされるものがあります。

プロローグローランド誕生ローランドの名言-哲学-ローランドの名言-美-ローランドの名言-愛-ローランドの名言-仕事-ローランドの名言-人生-ローランド-珠玉の名言集-ローランド氏をより深く知るためのQ&Aエピローグ

『俺か、俺以外か ROLANDという生き方』感想

読む前の思い

読む前から気になっていました。

だって俺か、俺以外かですよ!?

当たり前のようですが、どれだけいますかね?

自分の生き方で生きていない人って。

僕はこの本がどういったレビューか書かれているものであっても買おうと思うって買いました。

なぜなら僕も、『俺か俺以外の生き方か』選ぶ時だと感じたからです。

読んだあとの思い

ROLANDという人間を少しだけですが理解出来ました(さすがにファンにはならないけどね笑)

そして彼から学んだいくつかのことがあります。

彼はサッカー少年で、十数年をひたむきにサッカーに捧げてきました。

そんな彼の夢は儚くも高校時代で潰えることとなりました。

そして平凡な大学進学へと歩みをすすめる中で、ホストへの転身を果たします。

そこでなぜホストなのかはわかりませんが、彼はサッカーに捧げた情熱と同等以上のエネルギーでもって、歌舞伎町No.1ホスト、カリスマ経営者として現在にいたります。

このストーリーは特殊なように見えますが、その背景や原理原則はシンプルなものです。

以下に3つ示します。

本気の努力を積み重ねた人間には…

  • 魅力的な個性が宿る
  • 高いプロ意識と哲学が育まれる
  • かけがえのない価値を創造できる

やや抽象的ですが、先述した“ブランド”の条件に当てはまりますね?

魅力的な個性は“差別化”につながります。

高いプロ意識と哲学は“安心”につながります。

それらを身につけた人物はかけがえのない“価値”を提供できるようになります。

僕が『俺か、俺以外か ROLANDという生き方』を読み、“セルフブランディング”のあり方についての学びに結びつけたのは、このような思考プロセスがあったからです。

『俺か、俺以外か ROLANDという生き方』僕の実践

セルフブランディングが求められる時代

AIの発展とともに、人の社会参画は仕事以外がメインとなっていくと思われます。

実際に多くの仕事がAIに代替されるという未来予測が主流ですよね?

これからの時代は仕事がなくなり遊んでいても良くなるんです。

さて、あなたは遊びに命を懸けられますか?

今の若い子たちは大丈夫です、Youtuberやinstagramerといった自らを発信することに生きがいを見出しているじゃないですか。

僕ら30代やそれ以上の年代は生きている実感を仕事に求めてきたんです。

それが無くなるとなったら、何に生きている実感を見出しますか?

これからは何かを発信しなければ生きている実感が持てない時代になるということです。

  • 世の中に認知されること
  • 世の中に必要とされること

前者はマーケティング、後者はブランディング、つまり個人はSNSやウェブを通じて商品化されていく定めにあります。

自らを価値ある存在として発信していかなければ、特定の仕事以外に生きている実感を達成するのは難しいのではないでしょうか?

SNSビジネスにおけるセルフブランディング実践

才能は人それぞれ、大なり小なりあるものですね。

100万人に1人の才能があれば、それだけで億を稼げる人材だそうです。

普通はそんな才能を持ち合わせていないので才能の掛け算で勝負することになります。

僕の場合は

『多読×育ボス×医者×ブログ  

それぞれ100人に1人の才能を掛け算して1億分の1の才能を演出しようとしています。

SNSビジネスはまだ遠い未来ですが、、、ツイッターでついこの間フォロワー1000人達成できました。

僕のセルフブランディングはここからといったところですね。

少しずつ歩みを進めていきたいと思います。

セルフブランディングとは何か?|『俺か、俺以外か』の読書レビューまとめ

  1. セルフブランディングとは
  2. Rolandという男の生き方
  3. 彼から学ぶセルフブランディングのあり方
  4. 僕の実践

以上の内容で『俺か、俺以外か』の感想をお届けしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です