年間300冊の本を読む男、発信する男

失敗と成功から学ぶ起業のすすめ|『CHANCE』を読んで

ドアを開ける

ヨムオ

ご訪問いただきありがとうございます。

今回の記事は“経営の成功”をテーマにした本の読書レビューです。

カテゴリとしては【マインドセット|経営者・リーダー】、タグは“生活の質向上”と“お金の悩み”に分類させていただきました。

少々のお時間をいただけますと幸いです。


紹介

今回ご紹介するのは『CHANCE 成功者がくれた運命の鍵 』です。

著者はセミナー講師として活躍している犬飼ターボ氏、ジャンルは成功小説です。

記事を書くにあたり成功小説というものを初めて知りました。

偉人や成功者の自伝はよくありますが、小説要素が含まれているので臨場感や緊迫感をもって読み進めることができました。

ではごゆっくりどうぞ。

こんな方にはおススメの書籍です。

〇起業を考えているサラリーマン・学生

〇転職・副職したが成功していない人

〇ビジネスのマインドセットを生かしきれていない人


CHANCE 成功者がくれた運命の鍵』|売れ筋とみんなのレビュー

レビュー

この本について

「あなたはビジネスで成功したいのですか? それとも人生で成功したいのですか?」
実体験をもとに描かれる、元気が出るサクセス・ストーリー! (amazonより)

CHANCE 成功者がくれた運命の鍵

犬飼ターボ (著) 2017年12月飛鳥新社

amazon ☆4.3(73件のレビュー)

私のレビュー ☆5

単行本 ¥1543

kindle価格 ¥694 (現在kindle unlimitedでゼロ円)

紙のページ数 237ページ

みんなのレビュー

85%の人が良好な評価(☆4か5)でした。高評価レビューの内容を総括すると以下の点にフォーカスしていました。

  • ストーリー性があるので読みやすい
  • 主人公への共感と追体験から感動を得られる
  • 大事に保存して(必要な時に)読み返したい

一方であまり参考にならなかたったという方は以下の点いついての指摘がありました。

  • 整体はそれほど簡単ではない
  • 整体にかかわらずプロ意識が欠けている
  • 見通しが甘い

CHANCE 成功者がくれた運命の鍵』|著者プロフィール・代表作

男性横顔

著者について

犬飼ターボとは

24歳で中古車ブローカーとして起業するが失敗。人付き合いのコンプレックスを克服するために最も苦手なセールスに挑戦。
人の動かし方、組織の作り方を学びながら27歳のとき年間3000名が在席する会社で全国1位を獲得。

翌年に再独立し、マーケティング会社を設立。順調に業績を伸ばしていく。
30歳で4つの店舗を持ち、9つの法人の役員を勤め、二つのNPOを設立し社会貢献に取り組む。
さらに、「時間の自由」を手に入れるために業務を人に任せていき週休6日を実現する。

こうして世間で言われる成功(収入、地位、名誉、時間)を手に入れたものの
”完全に満たされた幸せ”は感じられなかった。

31歳のときに友人から紹介されたトラウマを解放するセラピーに衝撃を受け、以来3年間で200個以上のメンタルブロックを解放。
その過程で成功と幸せは軸が違い、成功にステージがあるように幸せにもステージがあることを発見。

成功と幸せを両立させるハピサク(ハッピー&サクセスの略)という生き方を確立する。

(ブログより引用)

『犬飼ターボのハピサク道』

代表作品

本著の続編、2年後の世界で主人公卓也はどうなるのか?

著者の妻とのコトバが伝える愛に関する成功小説

斎藤一人氏が推薦する、人生と仕事を楽しく両立させるための成功小説

CHANCE 成功者がくれた運命の鍵|自己啓発本とは違うの??

朝日を背景に歩く

構成

全11章+あとがきから構成されています。

著名人の成功体験を自伝としてまとめたものは良く目にするかと思います。

ですが、あの手の本て主人公が最初から超人的すぎませんか?

悩みなんてほとんどないか、次のページでは自分で解決しちゃってますよね?

「すごいな」とは思っても「頑張れ」という感情移入にはなりにくいのではないでしょうか…

そういった視点から見ると、本著の主人公は失敗も挫折も負の感情も抱きます。

その主人公が成長する物語はある意味王道的な展開でもありますが、十分な感情移入ができます。

また、本著のような成功小説というものはエピソード・キャラクターにも十分な奥行を持たせていることで

成功のためのマインドセットがより実感的なものとして受け取り、読み進めることができると感じます。

以下に目次を示します。

本書の読み方
1.出会い
2.奪い合う競争の世界
3.2つの課題
4.人生は自分の考えた通りになる
5.人生の目的を見つける
6.訪れたチャンス
7.人生のすべては順調に進んでいる
8.許しの学び
9.成功の上昇気流に乗る
10.富と名声に満たされた日々
11.成功者からの贈り物
あとがき

感想

卓也という青年が主人公です。

彼は成功を目指して中古車ブローカーを起業しますが、なんとか日々の生活を送ることが精いっぱいでした。

ホテルの駐車場でフェラーリのオーナーとの「あなたはビジネスで成功したいのか、人生で成功したいのか」という会話をしたことから運命が変わりました。

彼を人生のメンター1)メンターとは(コトバンク):ビジネス用語、仕事での指導的立場にいる存在。としてビジネス・マインドの学びを始めたのです。

卓也は等身大の主人公でした。

彼の学びはそのまま自分にも当てはめるようなカタチですっと心にしみこんでいくようです。

その学びは哲学的な学びもあればマインドセット的なモノもあります。

また経営者としての合理的な学びも多く、スピリチュアル系自己啓発本とは一線を画す実用書ともいえる内容です。

CHANCE 成功者がくれた運命の鍵』|なにに活かす?

本の積み重ね

本著で得た知見は?

メモの意義

メモは大事なことを記憶するためのツール。

それ以外に、相手への肯定的な意思表明、相手のgiveへのフィードバックでもある。

それを受けて相手ももっとアドバイスをあげたくなるという好循環を生み出す。

お客さんを選ぶこと

お金を出したがらない人にお金を出してもらうのは難しい。

一方でお金に余裕がある人にお金を出してもらうのは難しくない。

商品・サービスの質の向上に力を入れたいなら後者のお客さんを相手にすべき。

ビジネスも人生の一部

経済・健康・精神・愛情は別のものではない。

パフォーマンスを維持するにはそれぞれを高いレベルで維持しなくてはいけない。

ビジネスの成功はあくまで人生の成功の必要条件でしかない。

収入は社会奉仕への見返り

お金を稼ぐ事は悪ではない。

不労所得は役立つシステムの構築への対価である。

成功者のストラテジー

『構えて狙って打つ』ではない。

『構えて撃って狙う』を繰り返すのだ。

成功者の判断

普段は素早く決断。

重要なことはじっくり検討して決断。

知見をどう生かすか

前述のようにブックマークの一部を箇条書きだ羅列してみました。

初回読了後には本著全体を通じて40以上のブックマークがつけてありました。

これらを一度に身に着けるのは困難でしょう。

主人公のように一つずつエピソードとして自分の中に落とし込んでいかなくてはいけないのですね。

CHANCE 成功者がくれた運命の鍵』|まとめ

ヨムオ

成功者の発想に関する本のレビューを行いました。自己啓発本はちょっと苦手という方も、このような成功小説は読みやすいかなと感じます。kindle unlimitedでは読み放題になっています、ぜひ読んでみて下さいね。
関連記事

以前読んだ『マネーという犬 12歳からのお金入門』2)12歳からのお金入門に関する読書レビュー記事を投稿しています。

こちらもお金に関する有益な情報を取り扱っていますので一緒に読んでみてください。

お金を数える女の子学校では教えてくれないお金の話|小学生でも実践できるお金の稼ぎ方

References   [ + ]

1. メンターとは(コトバンク):ビジネス用語、仕事での指導的立場にいる存在。
2. 12歳からのお金入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です