年間300冊の本を読む男、発信する男

学校では教えてくれないお金の話|小学生でも実践できるお金の稼ぎ方

お金を数える女の子

ヨムオ

ご訪問いただきありがとうございます。

今回の記事はタイトル通り“こどもに向けたお金の教育”をテーマにした本の読書レビューです。

カテゴリとしては【ビジネス・仕事】と【子育て・教育】に分類させていただきました。

少々のお時間をいただけますと幸いです。


あらすじ

今回ご紹介するのは、約20年前にドイツのボード・シェーファー氏が書かれた書籍を日本語版としてファンドマネージャーである村上世彰氏が監修したものです。お金に困っていた両親を心配する女の子キーラの元にマネーという名の犬がやってきたことから運命が変わりました。きっかけは願い事リストと貯金箱、そして成功日記でした。キーラの物語の通してお金に関するさまざまな知識を理解していくストーリーです。『マネーという名の犬 12歳からのお金入門』です。ではごゆっくりどうぞ。


こんな方にはおススメの書籍です。

〇小学生~

小学校高学年であれば確実に読書可能なレベルの本です。

“お金に対する正しい知識”を持つことは大事だと思います。

少なくともお金に無知であるよりはずっと良いことです。

〇子どもを持つ親世代

幼い子どもに分かり易くお金の学習をさせるのにちょうど良い教材です。

資産運用のリアルが分かっていることと説明できることは別問題ですからね。

〇資産運用初心者

これから資産運用について学びたい人にとっては適切な入門書です。

お金についての知識がなく育った世代では難しい言葉に抵抗があることだと思います。

この本について

世界23か国で刊行、累計400万部突破!
これが、数々の不況を乗りこえ、子どもから大人まで世界で読まれ続ける「お金」の入門書。(amazonより)

12歳からのお金入門 マネーという名の犬

ボード・シェーファー (著), 村上 世彰 (監修), 田中 順子 (翻訳) 2017年10月 飛鳥新社

amazon ☆4.4(26件のレビュー)

私のレビュー ☆5

単行本 ¥1500

kindle価格 ¥700 (現在kindle unlimitedでゼロ円)

紙のページ数 272ページ

学校では教えてくれないお金の話

小学生でもわかるお金の稼ぎ方|みんなのレビュー

88%の人が良好な評価(☆4か5)でした。高評価レビューの内容を総括すると以下点にフォーカスしていました。

  • 分かり易さ
  • マインドセットの有用性

一方であまり参考にならなかたったという方は以下の点で警鐘をだしています。

  • 投資・ファンドマネージャーのリアルと比較した場合のリスク

小学生でもわかるお金の稼ぎ方|著者プロフィール・代表作

ボード・シェーファー 1960年ドイツ・ケルン

ドイツの経営・資産経営コンサルタント。16歳で渡米、20歳で起業、26歳で多額の借金をかかえ倒産、30歳で借金を完済し、現在コンサルタントで成功をおさめ、お金と資産形成に関する著者として人気となっている。本著の原著となる『イヌが教えるお金持ちになる知恵』は2000年にドイツで刊行されて以来23か国で翻訳され400万人に愛される超ロングセラーである。(巻末紹介より転載)

原著について

村上世彰(むらかみ よしあき) 1959年大阪

M&Aコンサルティングを核とする村上ファンドを創設した人物。大学卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省し公務員として約16年勤務する中で、日本経済の永続的な成長のためにはコーポレート・ガバナンスが大切であることを実感し、自らがプレーヤーとなって変えていこうと決意して40歳を目前にファンドを立ち上げる。ファンド設立から6年後、いまだ法的解釈は賛否両論あるものの、ニッポン放送株式のインサイダー取引の容疑で逮捕された。 主義主張に「企業にとってのお金は人間の身体でいうなら血液、企業成長にはお金(血液)の流れが大切であり、流れが滞ると企業の健康に悪い影響が出る」というものがある。

wikipedia,巻末著者紹介より一部抜粋)

代表作品

上場企業のあるべき姿についての信念について(2017年6月文藝春秋)

[/open]

小学生でもわかるお金の稼ぎ方|お金の本質とは?

全18章+まえがき・あとがきから構成されています。

あらすじでも書きましたが、キーラという少女の成長物語です。

お金との付き合い方や世の中の仕組みについて学んでいく構成となっています。

文章の形態は“小説として楽しめるレベル”なので苦労なく読み進めることができます。

よくある投資系ノウハウ本の範疇を越えて、主人公周りのキャラが立っているのが一因でしょうか。

以下に目次を示します。

監修者まえがき
1章:白いラブラドール犬、マネー
2章:自分の目標を決める
3章:誰かが喜んでお金を払ってくれるのはどんなとき?
4章:好きなことを仕事にしよう
5章:決めたことは72時間以内にやる
6章:借金があるときはどうすればいい?
7章:なんのために貯金するの?
8章:努力していれば助けてくれる人がかならず現れる
9章:自分のためにお金に働いてもらおう
10章:お金を「汚い」と思っているうちはお金は貯まらない
11章:「幸運」とは、準備と努力の結果のこと
12章:お金は人間を映しだす「鏡」
13章:お金があれば、困っている人を助けられる
14章:株ってなに? 投資ってなに?
15章:自分に自信を持つには?
16章:投資信託ってなに?
17章:市場が暴落したらどうするの?
18章:冒険の終わり
大人の読者のみなさんへ――作者あとがき

小学生でもわかるお金の稼ぎ方|私の感想

子どもがお金の大切さを知るにはどうしたらよいのか?自分で働くことが有用なのは当たり前のことですが、日本において中卒で働くということはあまり現実的ではありません。

アルバイトは15歳から可能ですが、被雇用者という立場から得られる体験は受け身のお金のありがたさですよね。より前向きにお金と向き合える大人になるためには、自分でビジネスモデルを構築する疑似体験が必要なのではないかと考えます。

この本はそういった観点からおススメできる本です。

子どもと一緒に学ぶ資産運用の実践

お金に驚く子ども

子どもと一緒に学ぶ資産運用の実践|人生背景

私は人生の中で消費によってお金の大事さを認識してきました。

10代 一人暮らし 数万円の生活費をやりくり

20代 自動車購入と結婚 数百万のキャッシュ

30代 マイホーム購入 数千万円のローン←この時点でようやく資産運用について考え始めました。

…遅いですよね、キーラちゃんから遅れる事、約20年ですよw

ですが、私のような経験をしている方は多数派だと思います。

だからこそ、もう早くお金に関する理解をした方が得なんですよね。

子どもと一緒に学ぶ資産運用の実践|方法

まずは私が成功日記1)1日に成功した体験を6つ以上ピックアップすること、どんな些細なことでもあとから見直した問いに自己肯定感を高めることができます。と72時間マインド2)やると決めたら72時間以内にやること、「やってみる」で悩むのではなく「やる」というマインドを身に着けることが大事です。について一緒にやっていこうと考えました。

子どもが来年度小学校に入ったら、子どもにも進めてみようと思います。

子どもと一緒に学ぶ資産運用の実践|結果・考察

おそらくお金に関して変な偏見はなくなると思います。また、お金を使うこと、運用すること、貯蓄することのバランス感覚が身につくのではないかと期待しています。追記は1年後に書こうと思います。

References   [ + ]

1. 1日に成功した体験を6つ以上ピックアップすること、どんな些細なことでもあとから見直した問いに自己肯定感を高めることができます。
2. やると決めたら72時間以内にやること、「やってみる」で悩むのではなく「やる」というマインドを身に着けることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です