年間300冊の本を読む男、発信する男

新しい道徳教科書|子育てにビジネスマインドを活かす方法

ブドウを食べる双子

新しい道徳教科書|道徳×子育て×ビジネスマインド

はじめに|道徳を示し自立を促す子育て

〇親の役割:道徳を示し自立を促すこと

親の役割については、さまざまな育児書でいろいろなことが書かれていますが実際のところはどうなのでしょう?

ある本では“お手伝いをさせることが大事”、別の本では“お小遣いを管理させることが大事”、著者によってバラバラです。それらの根底にある考え方は自律性の重視ではないかと考えています。

自律とはつまり、生き方であり生きる力です。自分のことを自分で決め、自分らしく生きる力です。私は自律性を養うために、その基礎として“道徳”の学びが必要だと考えています。

また、道徳とは社会的価値判断の基準と言えます正しく生きるために、どのように考え選択するかの基盤となる概念です。

道徳と自律はどちらが欠けても成りたちません。“力のない正義は無力であり、正義の無い力は暴力である”といいわますが、“価値判断(道徳)のともなわない生き方(自律)は無鉄砲であり、生き方(自律)のともなわない価値判断(道徳)は無責任”です。私はそのように考えています。

ですから、われわれ大人は善なる存在として日常を生きる姿から子どもたちに道徳を示さなければならないのです。

新道徳 子ども こころの育て方

稲盛和夫著 2017年12月

amazon ☆4.7(13件のレビュー)

私のレビュー ☆5

kindle価格 198円

kindle unlimited対応

紙の製本 106ページ

稲盛和夫 新道徳 子ども こころの育て方【電子書籍】[ 稲盛和夫 ]
created by Rinker

著書|道徳を示し自立を促す子育て

日本の経営者、京セラの創始者である稲盛和夫氏が書く道徳の本です。

ビジネスについての氏の人生哲学を道徳という形で再構成したものです。一般的あるいは教科書的な道徳とは一線を画すところは、大成するためのマインドセットを伝える道徳本だという点でしょうか。小学校では学びにくい成功するためのビジョンをわかりやすく伝えられると思います。

内容|道徳を示し自立を促す子育て

〇道徳のエッセンスをわかりやすく読める

ヨムオ

4章構成で感謝の心、真剣に取り組む心、思いの力、働くことの意義を説いています。イラスト・漫画が半分以上あります。子どもと一緒に読むスタイルの本ですね。以下は各章のざっくり印象と構成です。

1章 おもいやりに関する記述

  • “利他の帆と他力の風”
  • 情けは人のためならずの言い換えでしょうか、素敵な言葉で印象に残ります

2章 真剣に生きること

  • メジャーリーガー、イチローを例に
  • 子どもの頃から全力でいきることが夢をかなえることにつながる
  • 考え方 × 熱意 × 能力が人生の方程式 これは成功者からしばしば聞かれますね

3章 思いのちから

  • 強く思っていることだけができるようになる
  • 今はできなくても、力がついた将来ならできる!
  • 目標を大きくあきらめない

4章 働くこと

  • はたらくことはカッコいいこと
  • はたらくことは世界中につながること
  • 稲森和男氏の漫画伝記

カミサン

上の子(年長さん)に偉人の伝記を買ってあげたいと思ってましたが、ちょっと早いかなとも感じていました。巻末の伝記を読ませてみると食いつきがよかったので、買いそろえてあげようかなと思います.4

読むべき人|道徳×子育て×ビジネスマインド

〇子育ての悩みがある方に

マンガパートは年長児でも読めます。漢字はルビつきで、少し難易度高めの絵本として与えても良いでしょう。

こどもに道徳を教えることは意外と難しいものです。なぜなら道徳は体験を通じて学ぶことだからです。適当な体験をしたときに教えるのが効果的なのですが、道徳的経験は待っていてもなかなか出会いません。だからこそ道徳の本は買ってでも読むべきだと思います。

また、自分の言葉を易しく噛みくだくのも一苦労なので、その辺の手間を楽にできます。

子育ての悩みは少なからず誰しもが持つものです。

この本を読むべき・・・

①タイミング

☞赤ちゃんから幼児へ 保育園や幼稚園など家庭の外へ出るお子さんを持つパパ・ママ。

②悩みを持つパパ・ママ

☞とくに一人目で不安がある方。

☞子どもの好奇心の方向がわからず、どのように導けばよいか不安がある方。

☞お受験を考えている方

※行動観察試験の対策は一朝一夕にはいきません、道徳観を身につけるような日々の習慣化が大事です

私の実践|道徳×子育て×ビジネスマインド

背景 道徳観を身につけるために

上の子は今年小学校受験があります。

わたしの仕事は、道徳観や社会的善悪に関して意識を高く持たなければいけないものでしたので、子どもにはそのような態度を自然と教えてまいりました。そういった理由で、お受験の行動観察試験についても『まぁ大丈夫だろう』と思っています。

しかし、そこは親心、不安はあります。なるべくしっかり対策しようかと道徳関連の本から日常へ流用できるものをキュレーション?していました。

方法 本著は受験対策に有用か?

お受験の2週間前から【第1章 おもいやり】を一緒に読み始めてみました。子どもがマンガパートを読んだあとに、事前に読んでいた解説パートをかみ砕いて説明します。1週間後に行動変化があるかを検討します。

結果 行動変容の有無

(現在実践中です、もうしばらくお待ちください)

考察 道徳観のタネを植える本は

(現在実践中です、もうしばらくお待ちください)

新しい道徳教科書まとめ

道徳に関する本を読みました。

絵で読むタイプの本で低学年の子どもにもとっつきやすい構成です。さっそく読ませて実践してみようと思える内容でした。

私は子どもへの道徳は小学校入学してからではすこし遅いと思っています。言葉が伝わるならすぐにでも教えようと思っていました。紙ベース書籍としての購入も、下の子(1歳半すぎ)のために検討しています。

その他の道徳関連の書籍

テーマに絞った具体例、答えが本当にでない

【高ポイント還元】答えのない道徳の問題 どう解く?【ゆうパケット(追跡あり)送料無料】
created by Rinker

道徳の面白さを知るには良本との出会いしかない

子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話 [ 平光雄 ]
created by Rinker

送りバント問題に関する考察、2018年9月の最新刊

危ない「道徳教科書」 [ 寺脇研 ]
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です