年間300冊の本を読む男、発信する男

新1年生が小学校入学までに身に着けておきたい4つの大事な習慣

新1年生のための準備マニュアル 小学生と桜

ヨムオ

チョウジョちゃん、もうすぐ1年生だね。

1年生になったらいろんなことができるようになるんだよ

チョウジョちゃんは、もうお姉ちゃんだからもう何でもできてるし!

チョウジョ

ヨムオ

さすがだね!!

よーし、じゃあパパと一緒に確認していこうよ。

入学までに身につけておきたい4つの大事な習慣

ぼくが必要だなと考える習慣を厳選して、もっとも大事な4つの習慣を紹介します。

  1. 挨拶
  2. 朝の身だしなみ
  3. 手洗い・うがい
  4. 45分の集中力

この4つさえしっかりできていれば、我が子が小学校生活を歩みだすうえで順調なスタートを切れるのではないかなというところです。

欲をいえば『お手伝いをしてほしい 』 とか『宿題を忘れずにしてほしい』とかありますよね。

また、幼稚園などに通っていれば“思いを伝えること”や“お片付け”は身についているものとして割愛します。

まずは小学校というコミュニティーでお子さんが楽しく生活していける習慣を身に着けることが大事だと思います。

では一つ一つ解説していきますね。

1.挨拶|入学までに身に着けておきたい習慣

挨拶の習慣化は大事だけど難しい

笑顔の挨拶は大人になっても(というか、大人になるにつれてできなくなる)大事な習慣ですよね。

コミュニティーで良好な関係を築くためには挨拶は必須、これに異論の余地はありませんね。

ですが、子育てのなかでも『挨拶の習慣化』は皆さんが苦戦するところだと思います。

それは子供の挨拶に関するブログ記事の多さからもうかがい知れますね。

具体的にどうしたら元気な挨拶は習慣化できるのでしょうか?

挨拶の習慣化のコツ

我が家で実践してきた内容は以下の通りです。

幼稚園入学時から現在まですこしずつ体系化してきた方法論(大げさかなw)です。

  • まずパパとママが元気にあいさつ
  • 早寝早起きで体調管理
  • 挨拶ができたらしっかり褒めてフィードバック
  • 第3者にも親が挨拶

この4つを試してみてください。

子どもは親の姿を見て真似しています。

子どもに「おはよう」と言ってはいても、意外とパートナーには忘れていませんか?

ぼくはたまに忘れているし、素っ気なく挨拶することも多々あります。

これを意識することで子どもも真似してくれますよ。


また、元気に笑顔の挨拶をするには早寝・早起きでコンディションをベストに保つというのも有効です。

ランニング・読書・娯楽など子どもと楽しみながら朝活してみると、早寝早起きの習慣化がはかどるかななんて思います。


そして子どもが自分から挨拶できるようになってきたら褒めましょう。

わざとらしくても構いません。

むしろ褒めないと、親の褒めスキルはのびませんからね。

どんどん褒めましょう。


最後に第3者への挨拶も親が元気に手本を見せましょう。

恥ずかしいと思った人は要注意ですよ。

子どもに恥ずかしい行為を強制しているのですか?

ちがいますよね。

近所、職場、学校、さまざまな周囲の人々がいます。

まずは親が、恥ずかしさという間違った感情を克服しましょう。

ぼくは3年かけてようやく矯正されてきました。

2.朝の身だしなみ |入学までに身に着けておきたい習慣

子どもにとってのメリット

自分のことが自分でできるということは素晴らしいことですね。

それだけで価値のあることです。

さらに出来ることが増えるというのは、小学生になるという自信につながちますね。

朝の『準備するものリスト 』 をお子さんと一緒につくるなどの工夫をすると効果的ですよ。

大人にとってのメリット

朝は忙しい時間です。

これまで、着替えやハミガキなどを手伝っていたご家庭が多いのではないでしょうか?

これからは教科書の準備なども出てきますね。

全部自分で行ってほしいところですが順番があります。

まずは自分の身だしなみを整える習慣を確立してから、身の回りを整える習慣に移っていくのが望ましいと思います。

3.手洗い・うがい |入学までに身に着けておきたい習慣

集団行動につきものなのが風邪やインフルエンザなどの感染症です。

基本的な衛生観念とともに実地的な感染予防対策をみにつけたいものです。

いきなり下世話な話で恐縮ですが、皆勤賞というのは意外と内申点が大きいものなんですよ。

某大学の某学部の入試では中学高校の皆勤賞の点数が30点だったそうです。

これは英検1級に相当するものでした。

小学校の皆勤賞は中学入試に有効なのかはわかりませんが、健康は資産ですね。

4.45分の集中力 |入学までに身に着けておきたい習慣

45分とは授業時間ですね。

授業は、幼稚園と小学校のもっとも異なる点の一つですね。

決まったスケジュールに沿って動くことは社会人としての基礎でもあります。

小学校生活で身に付くものとはいえ、はじめからつらい思いをさせるのは忍びないですよね。

おうちで予め練習しておくのが良いかと思います。

おうちではふざけてしまうというご家庭であれば公文式や英語幼児教室の利用も有用ではないでしょうか?

入学までに身につけておきたい4つの大事な習慣|まとめ

この記事では入学までに身につけておきたい4つの習慣について紹介しました。

  1. 挨拶
  2. 朝の身だしなみ
  3. 手洗い・うがい
  4. 45分の集中力

これ以外にもやってほしい習慣はたくさんあるかと思いますが、まずは小学校入学後に必要な基本的習慣です。

子どもたちは小学校に上がるとどんどん自立していくことでしょう。

今は世話を焼くのが大変だと言っていても、いざ手が離れるのはさみしくもありますね。

準備の時間も家族一緒に過ごす大切で限られた時間です。

ぜひ楽しみながら準備してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です