年間300冊の本を読む男、発信する男

朝活で子どもの早起き習慣を身につける|朝活時間を共有するメリット

コーヒーとノート

ヨムオ

今回はお子さんと一緒にできる朝活を紹介します。

一緒に朝活する事で早寝早起き習慣の獲得にもつながるんじゃないかなと考えています。

チョウジョちゃんも来年小学生だから、パパと一緒に何かしてみようか!

じゃあチョウジョちゃんは縄跳びしたいな♪

チョウジョ

ヨムオ

オーケー!

スポーツや運動は朝活にちょうど良いからね。

明日から15分ずつ早起きしてやってみよう。

朝活で子どもの早起き習慣を身につける

育児に朝活を利用しているご家庭が意外と多いのではないでしょうか?

「いこーよ」という親子のイベント・体験記をまとめた情報掲載とのアンケート(N=417)ではなんと、43%の人が子どもとの朝活を現在継続していると答えています。

朝活は子どもと一緒に無理なく取り組めるものであると言えますね。

しかも自然と楽しく早起き習慣が得られるので一石二鳥ですね。

今回は、『お子さんと一緒の朝活 』 をテーマに書いていきます。

よろしくお願いします。

子どもと取り組む朝活のメリット|朝活で子どもの早起き習慣を身につける

  • 親子の時間をつくれる
  • 朝の余裕をつくれる
  • 健康生活の習慣化
  • 朝活さぼりのお目付け役

ざっと上げただけでも4つのメリットがありますね。

健康生活の習慣化のなかには早寝早起きもあります。

お子さんとの朝活は、今回の記事の要点である早寝早起きに格段の有効性があるかと思います。

『なんとなく学校があるから早起きする 』 というモチベーションに比べて、『朝起きて○○をする』というポジティブで積極的なモチベーションは習慣化にはとても有用です。

さらに『好きなことができる』という報酬系も習慣化サイクルの強化につながります。

〇関連記事

コーヒーとノート子どもとの朝活が良好な親子関係をつくる4つの理由|小学生のお子さんにオススメ

子どもと取り組む朝活の具体例|朝活で子どもの早起き習慣を身につける

朝活は何歳から可能でしょう。

ですが充分な睡眠時間(12時間以上)が必要な乳幼児期は当然避けた方が良いですね。

ある程度自分の意思を表現できるようになる年長さんあたりが現実的だと思います。

うちでは小学生になる3か月前から徐々に朝早く起きる習慣を身につけていきました。

〇朝活を無理なく習慣化していく方法についてはこちら

赤ちゃんとビジネスバッグ朝活を習慣化できない人に贈る5つのマインドセット|朝活マニュアル

子どもと取り組む朝活の体験談|朝活で子どもの早起き習慣を身につける

うちでは小学生人なるにあたり早起きの習慣を身につけたくて朝活を始めました。

はじめは15分早く起きて、好きなコトから始めました。

最初は6時45分に起床していましたが、6時30分に起こすようにしました。

朝活内容はトランプやパズル、縄跳びなどの遊びで報酬系への刺激を与えました。

朝早く起きた分、しっかり早く寝かせることが大事ですね。

もう1ステップで6時15分起床までもっていくつもりです。

その15分はピアノや公文式などの習い事に時間を使えれば良いなと考えています。

子どもと一緒に取り組みたいおススメの朝活4選|朝活で子どもの早起き習慣を身につける

お子さんと一緒におこなう朝活は以下のものが人気のようです。

  • 運動
  • 勉強
  • 趣味
  • 家事

これらについては後日別記事にてもっと詳しく書いていきたいと思います。

運動(ランニング・体操・ヨガ)

身体を動かすことと朝活の親和性は高いので習慣化しやすいといえます。

趣味と実益をかねる運動は、親の健康面でも価値がありますね。

春先になると気候も温暖で早朝も明るくなりますから、新年度の目標として良いと思います。

あるいは、秋口、運動会前の練習などを一緒にするなどをきっかけに始めると良いかもしれません。

勉強(宿題・習い事)

習い事が多いと宿題をやり終えるのに夜が遅くなるということもあるでしょう。

朝活として30分以内に終えられる宿題をおこなうのは有用です。

朝はストレスに強い時間帯なのでそういった意味でもおススメです。

〇朝の勉強がおススメの理由はこちら。

1日のうちでもっとも意志力の高い時間とは|朝活マニュアル

趣味(カードゲーム・将棋や囲碁)

将棋や囲碁などの知的遊戯は流行ってますよね。

両親が経験者であれば一緒にやってみるのも良いですね。

僕は将棋も囲碁も未経験なのでトランプで遊んでいます。

実は子どもの記憶力ってすごいんですよね。

『神経衰弱 』なんて片手間に相手していると負けますからねw

取り組んで数カ月もすれば、手加減せずとも楽しめる相手になってくれるんじゃないでしょうか。

家事(料理・洗濯・掃除)

朝の家事を子どもたちとシェアできれば時短になりますし、何より子どもたちが家事を覚える事は貴重ですね。

家事は計画的にすすめないとダラダラしちゃいますよね。

何をして次に何をしてという計画実行力が育ちますよ。

さらに、子どもたちが自分たちの生活が、家事によってどのように形作られているかを知る事で協調的になってくれます

育児ストレスを軽減する効果もありますので、とてもおススメです。

朝活で子どもの早起き習慣を身につける|まとめ

☑朝活を通じて小学校入学前の早起き習慣を身につける

☑子どもと一緒に朝活に取り組む3つのメリット

  • 時間を共有
  • 早寝早起きの習慣
  • 親の朝活さぼりのお目付け役に

☑子どもと一緒におこないたいおススメの朝活4選

以上について書きました。

是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です