年間300冊の本を読む男、発信する男

特化ブログで簡単に100記事書けるコンテンツデザインのコツ

この記事は『特化ブログの書き方』における“初心者ブロガーのための100記事達成術 ”というコンテンツに属します。

全体の目次を希望される場合はトップメニューの“twitter連動企画|特化ブログの書き方”をご覧ください。


昔のヨムオ

特化ブログは同じテーマで100記事書かなきゃならないのか…

じゃあ雑記ブログでいこうかな♪

<数か月後>

ヨムオ

雑記ブログも結局のところ書き方は同じなんだな…

最初から記事コンテンツを絞った特化ブログの方が書きやすかったかも?

100記事書くのはどちらも大変

結局のところ、雑記でも特化でも100記事書くのは大変ということです。

しかしながら、ひたすら100記事を目指し書いてきた中で分かったこともあります。

それは、“特化ブログの方が体系的に書けるから簡単だ”ということです。

しかし、多くのブロガーさんが特化ブログで100記事書くのはネタがなくなるという発言を残されています。

実際どうなのかは本記事を読んでいただければわかると思います。

※可能であれば100回読んでください。

※無意識に紹介する方法で書けるようになります。

コンテンツデザインのコツ

ペルソナがブログ・コンテンツに求めるもの

ユーザーが検索するしてブログ記事を読むという行動があります。

このユーザーはなぜ検索したのでしょう、その意図はなんなのでしょうか?

以下にユーザーの共通点を示します。

ブログを検索した人に共通する3つのポイント

〇検索したテーマに対して、ユーザーは…

  • 初心者~中級者である
  • 悩みを抱えている
  • 解決法を探している 

こうしたユーザーの潜在的背景を著者は大事にしなければいけません。

悩みに寄り添う形のコンテンツを用意していかないと、直帰率が上がったり、いわゆるフォロワーはつかないという事になります。

ではユーザーの求めるコンテンツは何なのでしょうか?

僕はブログのテーマ・コンテンツ・ペルソナ・収益を一貫して考える方法を提示しています。
特化ブログを書くコツ|テーマ・ペルソナ・コンテンツの設定

僕が提示するコンテンツデザインとはペルソナ(ユーザー)の成長ストーリーです。

コンテンツはペルソナの成長ストーリー

成長ストーリーとは

成長ストーリーとはどんなものか?

ここに、ひとりの、悩みを抱えるペルソナがいます。

彼(彼女)はあること(ここでは具体的にブログとしておきましょう)を始めようとしていますが、なにも情報収集の手段がありませんでした。

そこで検索ヒットした上位サイトから情報を集めることにしたのです。

  • AブログではSEOに関する細かな解説(=上級者用)
  • Bブログでは特化ブログの収益化(=中級者用)
  • Cブログではブログの始め方(=初級者用)

以上の3つが上位にたまたま並びました。

彼はどのブログを参考にしますか?

ここまで聞けば、誰しもCブログと答えると思います。

では実際にあなたの特化ブログはどうですか?

対象が一切ブレていないといえますか??

初心者用解説を書いているのに、なにかマニアックな専門用語が並んだりしてユーザーを置いてけぼりにしていませんか???

【 特化ブログ ネタに困らない 書き方】でよく検索される記事に紹介されている書き方に“芋づる式”というものがあります。

“芋づる式”は記事を書きながらキーワードを深堀していく手法です。

学びながら書きながら次の記事のキーワードを選定していくので、話題がマニアックになっていく傾向があります。

初めこそユーザーに合ったレベルの話題を提供できますが、著者はマイペースに一方的に深く掘っていくため、最初のユーザーは置いていかれてしまうわけです。

こういった書き方はペルソナの成長ストーリーとはならないんですよね。

系統的な成長ストーリ―:ブランチマイニング法

僕が提唱するオリジナルのネタ出し方法があります。

“ブランチマイニング法”1)Minecraft(マイクラ)というゲームで使われる攻略法からとりました。といいます。

多くの鉱石を採掘するための方法で、レベルに合わせ課題作成のモデルに適しているため採用しました。

  1. 縦方向に深く深く掘る。(=ゴールまでの道筋)
  2. 一定の深さで横向きに坑道を掘る。(=ペルソナの成長段階を設定)
  3. そこにある鉱石を採取する。(=課題抽出)
  4. 精錬する。(=細分化)
  5. 加工する。(=具体的な記事タイトル)

このような5つのステップでコンテンツを作成していきます。

実際のやり方を追って説明していきますね。

1. 縦方向に深く深く掘る

第2回ワークショップでの解説を一緒に示します。

最初に縦軸方向にペルソナの成長をプロットしていきます。

7-8段階で自分のコンテンツに合う言葉に置き換えるとインスピレーションがわきやすいと思います。

2. さまざまな深さで横向きの坑道をつくる

枝を伸ばすように掘り進む=ここからブランチマイニングという名が付きました。

課題(青)→細分化(赤)→具体的な記事タイトル(緑)というように枝を伸ばしていきます。

3.鉱石採取=課題を抽出する(青字)

それぞれの成長段階における課題点()を抽出します。

準備の段階であれば、必要なコストはどうなのか?

先の見通しや、先人の参考例なども良いと思います。

4. 精錬=細分化する(赤字)

課題は抽象的なのでもう少し細かく分類しましょう。

準備段階におけるコストは一般的に人的、物理的、経済的、時間的、場所的コストがありますよね。

こういった要素を各段階においても細分化していきましょう。

この様子は採取したさまざまな成分の混ざった鉱石を、精錬して純度の高いものに仕上げるようなイメージに合いますよね。

5. 加工する=具体的字のタイトルをつける(緑字)

細分化できた要素に対して、ペルソナがどんな疑問を持つか、あるいはどんな答えを欲しているかを想像します。

この時にペルソナの具現化があいまいであると、作り出したコンテンツが機能しないこともあります。

ペルソナの挙動があいまいで、具体化のプロセスに手間取るようならペルソナ設定が不十分であった可能性があります。

今一度、第1回ワークショップに戻ってテーマ・コンテンツ・ペルソナを見直すことを勧めます。

特化ブログを書くコツ|テーマ・ペルソナ・コンテンツの設定

このように1.~5.の順序で記事タイトルを作成することで、目的を達成するまでに必要な心得や技術、知識などを漏れなく網羅することが可能となります。

あたかも1冊の入門書あるいは専門書のようなブログの完成です。

ペルソナの成長ストーリー

☑ ブランチマイニング法で段階的な記事を作成する。

☑ 1冊の入門書あるいは専門書を目指す。

特化ブログで簡単に100記事書けるコンテンツデザインのコツ|まとめ

特化ブログで簡単に100記事書けるコンテンツデザインを紹介しました。

以下に本記事のまとめを示しましまして終わります。

第2回ワークショップは現在取組中です。

こう、ご期待!

☑ 特化も雑記も100記事は大変!

☑ ペルソナを意識すれば特化のネタ出しは問題なし!

☑ ブランチマイニング法(マイクラから着想)はネタ出しに超有用!

References   [ + ]

1. Minecraft(マイクラ)というゲームで使われる攻略法からとりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です