年間300冊の本を読む男、発信する男

略歴|わたしという人間について

名刺交換 自己紹介

幼少期

茨城育ちの野生児

杉の木に登って遊んでいた自分を殴りたい(げんざい重度の花粉症に悩まされるorz)

五歳差の弟と二人兄弟

面倒見の良さはここから来ているかもしれない

小学校~高校時代

小中高と公立に進学、勉学において難は感じず

そのせいで勘違い、この世のすべてが虚しい物に感じて悟りを開く1)厨二病の幕開け、今でも一匹狼を気取る後遺症に悩まされる

遅く発症した厨二病により、すべてにおいて斜に構えた暗黒の時代を送った

大学受験で無謀にも医学部に挑戦

予備校時代

1年目の浪人生活

黒歴史から逃れるべく横浜河合塾の大志寮へ

何故か金髪と青いカラコンで更に厨二病を加速

2年目は仮面浪人生活

KOボーイになるという夢破れ、東京理科大に進学2)人生のターニングポイント。このまま研究者になるか、もう一年仮面浪人という形をとるか

親に泣きつき、池袋河合塾へ

大学時代

医学部に進学

1-4年生

自分のやりたい事と進路が重なり、モチベーションアップ

学年でトップクラス…とはならず、再試験常連の1-4年生

5年生 クリニカルクラークシップ3)病院実習のこと、白衣を着て病院内を歩き回り医者の仕事が何なのかを肌で感じるが始まる

ようやくヤル気が出て定期試験は上位に!

6年生 国家試験

この時点で自分なりの勉強スタイルをようやく確立

もう少し早ければ医学部現役合格もできたかもしれないorz

社会人(20代) 執筆中

社会人(30代) 執筆中

References   [ + ]

1. 厨二病の幕開け、今でも一匹狼を気取る後遺症に悩まされる
2. 人生のターニングポイント。このまま研究者になるか、もう一年仮面浪人という形をとるか
3. 病院実習のこと、白衣を着て病院内を歩き回り医者の仕事が何なのかを肌で感じる