年間300冊の本を読む男、発信する男

つづけて5冊読むための読書術|読書嫌いを克服するために越えなければいけない壁【全7講座】

本を取り出す女性

ヨムオ

前回は読書嫌いを克服するのに超えるべき最初の壁!

すなわち最初の1冊を読破することにフォーカスを当てた記事を公開しました。

今回は第2の壁を超えるための方法をご紹介します。

【前回の記事:最初の壁を超えるための4つの方法】

本を取り出す女性まずは1冊読んでみよう|読書嫌いを克服するために越えなければならない壁【全7講座】

読書嫌いを克服するために越えなければいけない壁

今回もこの表がでてきましたね。

前回から1ランクアップして5冊の壁へのチャレンジです。

  • 1冊の壁(初めの1冊)
  • 5冊の壁(連続5冊) 👈今回はココ!!
  • 10冊の壁(連続10冊)
  • 50冊の壁(週に1冊)
  • 100冊の壁(週に2冊)
  • 150冊の壁(週に3冊)
  • 300冊の壁(1日1冊)

読書嫌い克服|連続5冊の壁を越える4つの方法

  1. 読破を大喜びする
  2. 進捗管理システムを使う
  3. 同系統の本を読む
  4. 細かな成長を感じる

連続5冊の壁を越える4つの方法|読破を大喜びする

ポジティブな感情の有用性は古今で議論されてきたネタですね。

いまのところ、ポジティブシンキングが有効ではない状況が確認されています1)パレオな男|ポジティブシンキングが効かない4つのケース

どういう事かというと、『根拠に乏しい 』『 空想じみた 』 ポジティブシンキングは効果がないというものです。

いくらポジティブに空を自由に妄想をしても人間は空を飛べないのです。

ではどんな時にポジティブシンキングが有効なのか?

それは目標を達成したときです。

この達成感を大いに喜び、自己承認を高めて次の目標に取り組むようにするのが効果的です。

連続5冊の壁を越える4つの方法|進捗管理システムを使う

前述の達成感をさらに増幅させるツールがあります。

目標達成を視覚的に認識することは達成感をより鮮明に実感するうえで有効です。

それが 進捗管理システムです。

例えば、勉強でいえば模擬試験の結果判定、スポーツで言えば

読書であれば本棚(アプリも可)に相当します。

この進捗管理をすることで、自分の達成度や目標までの距離感を把握することができます。

参考

読書アプリランキングと検索すると多くのブログがヒットします。2)Appliv|読書記録・本棚を管理する アプリランキング TOP10

私は“ブクログ”を使用しています。

月ごとの読書数グラフが気に入っています。

選ぶポイントは

①基本機能(本棚・レビュー・メモなど)

②SNS機能(他レビュアーとの交流の有無)

③表示機能(未読、読書中、読書完了など)

④視覚機能(グラフ)

⑤検索機能

⑥ユーザー登録

などでしょうか。

連続5冊の壁を越える4つの方法 |同系統の本を読む

続いては2冊目以降の本の話です。

初めの1冊を読み始めるときに、いくつかのジャンルを選んでもらいました。

あれは自分の読書適正や嗜好を把握するうえで役立ちます。

読書初心者はとにかく数を多く読む必要があるので、読書適正の高い本(=好きなジャンルの本)を 5冊連続して読んでしまうのです。

一度読み終えたジャンルは2冊目、3冊目になるにつれて加速度的に経験値がたまっていきます。

初めは難しくて読み飛ばしていた単語や表現も文脈から理解できるようになっていきます。

それが同系統の本を読む意義です。

連続5冊の壁を越える4つの方法|細かな成長を感じる

同系統の本を2,3冊読破できれば何となく成長を実感しているはずです。

それは読み進める速さであったり、意味が解らずにつまずく回数が減ったりという具体的なものがあります。

一方で、著者が話題をどのような流れに持っていくかが何となくわかるような、やや抽象的な現象を感じ始めるでしょう3)メタ認知能力の高まり|メタ認知とは、自分が思考していることを客観的に認知する能力のことです。

これを“メタ認知 ” と言いますが、実際に使えるようになるのは100冊の壁を超えたあたりからでしょうか・・

とにかく、読書を重ねるたびに小さな変化は着実におきているのです。

この変化に敏感に気づいてください。

そして成長していることを大げさに喜びましょう。

読書嫌いを克服するために越えなければいけない壁|まとめ

今回は1冊を読み終えた人が挑戦すべき2つ目の壁(=連続5冊読むこと)を越える4つの方法について説明しました。

  1. 読破を大喜びする
  2. 進捗管理システムを使う
  3. 同系統の本を読む
  4. 細かな成長を感じる

わかりやすかったでしょうか?

さて、連続5冊を達成する頃には1カ月程度たっているのではないでしょうか?

既に習慣化は完了しているはずです。

そして、このペースを維持すれば年間60冊を達成することも出来ると思います。

読書嫌いが読書好きに変わるビジョンは既に視えているのです。

関連記事

〇読書の壁

1st stage : 1冊の壁

本を取り出す女性まずは1冊読んでみよう|読書嫌いを克服するために越えなければならない壁【全7講座】

2nd stage : 5冊の壁

本を取り出す女性つづけて5冊読むための読書術|読書嫌いを克服するために越えなければいけない壁【全7講座】

References   [ + ]

1. パレオな男|ポジティブシンキングが効かない4つのケース
2. Appliv|読書記録・本棚を管理する アプリランキング TOP10
3. メタ認知能力の高まり|メタ認知とは、自分が思考していることを客観的に認知する能力のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です