年間300冊の本を読む男、発信する男

子どもとの朝活が良好な親子関係をつくる4つの理由|小学生のお子さんにオススメ

コーヒーとノート


明日はお休みだから、早起きしてなわ跳びしたいなー。

チョウジョ

ヨムオ

いいよ、じゃあパパが起こしたら着る服を持って起きてきてね。

他に何をしたいか紙に書いておきな。


はじめに

土日のやりとりの一例です。

うちでは小学校入学に際して、早起き習慣を身につけるために朝活を取り入れました。

うちでは小学校入学に際して、早起き習慣を身につけるために朝活を取り入れました。

結果として

①早起き習慣、②計画立案力、③計画実行力

が身に付きました。

言いすぎでしょうかw

週末の朝活はやり始めて数か月ですが、ここまでの成長が見て取れたことに驚いています。

この記事ではお子さんとの朝活によってもたらされるメリットについて書いています。

よろしくお願いします。

子どもとの朝活が良好な親子関係をつくる4つの理由

一人でおこなう朝活もよいですが、誰かと一緒に朝活時間を共有することも素晴らしいメリットがあります。

今回はお子さんと一緒に朝活を行うメリットについて詳しく書いていきたいとお思います。

  • 親子の時間をつくれる
  • 朝の余裕をつくれる
  • 健康生活の習慣化
  • 互いの朝活を支えあう

上記の朝活のメリットが考えられます。

親子の時間をつくれる |
子どもとの朝活で良好な親子関係

親子の時間て気づけばどんどん少なくなっていきませんか?

とくに小学生にもなれば、学校の友人に習い事に、夕方~夜にかけての時間も外出していたりしますよね。

朝活は朝の時間を共有できますので、夜忙しいご家庭にはとくにオススメです。

我が家では、土日の早起きから始めました。

子どもってなぜか休みの日は早く起きますよね、普段はおこしてもウントモスントモなのに・・・

そういった生物学的性質でもあるのでしょうか??

何はともあれ、そうした週末早起きの性質を有効利用しましょう。

我が家では朝早くに公園などに出かける習慣を作りました。

朝の陽ざしはメラトニン活性を高めて速やかな覚醒を促します。

こうして週末に朝自然と目覚めるリズムを身体が作ってくれます。

そのまま平日の朝活に移行すると無理なく早起きができてきますよ。

親子の時間がつくれる

☑ 子供の年齢と親子の時間は反比例する

☑ 子どもが週末なぜか早く起きる性質を利用する

朝の余裕をつくれる|
子どもとの朝活で良好な親子関係

以下のことを子どもが自分でできるようになるとかなり楽です。

小学校入学前準備として有用なので家族で取り組むといいかなと思います。

  • 身支度
  • 家事の手伝い

朝早く起きて何かするということは必ず、身支度などの準備をしますよね。

お子さんが、自分のことは自分で行う自立心が育ってくれれば、平日の準備も自分でやってくれるようになりますよ。

また、早く出かけたい心をうまく誘導すればお手伝いもしてくれるようになりますよ。

例えば、 食器をキッチンにもどしたり、洗濯物を干したりするお手伝いは幼児期から可能ですよね。

こうした数分の時間節約が、朝の家事のストレスを確実に低下させてくれます。

お手伝いは子どもの自己肯定感・自己達成感・自己効力感を育みます。

家族の一員としての自覚、愛されていることの自覚の強化は親子の絆をより強固なものにしてくれることでしょう。

朝の余裕をつくれる

☑ 朝の準備と家事は忙しい朝にはストレスフル

☑ 子どもが自分でできると精神的にも時間的にも余裕ができる

☑ 余裕があると親子関係もより円滑に、豊かに


健康生活の習慣化| 子どもとの朝活で良好な親子関係

健康な生活を習慣化するにも朝活は有用です。

以下の朝習慣を身につけることができます。

  • 早寝早起き
  • 規則正しい朝食
  • 歯磨き

朝活は割と早い年齢から可能です。

ですが1日のほとんどを寝ているような乳幼児期では定時に起こして外に連れ出すといったことが避けた方が良いでしょう。

自分の状態(眠い・おなか減ったなど)を言葉で表現できるようになる年長さんあたりがちょうどよい適応だと思っています。

我が家の長女の朝活は小学生になる3か月前から徐々に始めていきました。

小学生になるという自覚とともに早寝早起きをしっかりつけたかったのが理由です。

いまも継続中で、もう少しで6時15分に起きられそうです。

やはり朝が忙しいと、適当な朝食も多かったり、寝起きでだらだら食べたり、丁寧に歯磨きする時間がなかったりデメリットが目立ちます。

そうした点を一気に改善するには、朝活を通じた早起きがもっとも効率的なのではないかなと感じます。

○参考:子どもの朝活で早寝早起きを身に着ける

コーヒーとノート朝活で子どもの早起き習慣を身につける|朝活時間を共有するメリット
健康生活の習慣化

☑ 小学生に必要な健康な生活=早寝早起き、朝食、歯磨き

☑ 朝活を通じた早起きで健康な生活習慣が身につく

互いの朝活を支えあう| 子どもとの朝活で良好な親子関係

朝活は一人でおこなっても皆でおこなっても良い物です。

読書、勉強、掃除などのように、一人でやる方が効率が良いこともあります。

確かにそうなんですが、一人で習慣を継続するのは強靭な意志力が必要です。

今のように小春日和で少し眠くなるような陽気、真冬のキンキンに冷えた早朝などは起きにくいですよね・・・

このような誘惑の多い時期には、人は誰かと一緒にやるという約束があると強くなれます。

ましてや大切なお子さんとの約束を反故にするような親がいるでしょうか(僕はたまに約束まもれませんけど、仕方のないときはありますよね?)

ですから朝早く起きるという目的意識をお子さんの笑顔によって高めてあげましょう。

これであなたも朝活の達人になれること間違いなしです。

互いの朝活を支えあう

☑ 朝活に挫折しそうなこともある

☑ 目的を共通化させてお互いを応援する

子どもとの朝活が良好な親子関係をつくる4つの理由 |まとめ

子どもとの朝活が良好な親子関係をつくる4つの理由を紹介しました。

  • 親子の時間をつくれる
  • 朝の余裕をつくれる
  • 健康生活の習慣化
  • 互いの朝活を支えあう

これだけのメリットがあれば間違いなく最高の親子関係が構築できそうじゃありませんか?

ぜひ楽しみながらお子さんとの朝時間を共有してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です