ビジネス・仕事に役立つ本

ライスワークという言葉が2010年代の後半から生まれました。いわゆるルーチンワークは飯を食うためのものであって、ライフワーク(人生をかけた大仕事)とは異なるとする考え方です。働くことへの意識の向上が基礎にあると思います。我々にはライフワーク≒ライスワークとなるような本質的な“働き方改革”が必要なのかもしれません。

新着記事