年間300冊の本を読む男、発信する男

忘年会・クリスマス会の絶対喜ばれる景品選びの法則【幹事必見】

忘年会 景品 ビンゴ

http://yomuotoko.com/wp-content/uploads/2018/09/E44B4FA3-EABA-4965-B2D7-661E9843404D.png
ヨムオ

どうも、今回はスペシャルプレゼンターのヨムオが忘年会やクリスマス会などで絶対に喜ばれる景品&プレゼント選びの法則についてご紹介します。

幹事をされる方必見の内容になっておりますので、ぜひブックマークして熟読してみてください。

プレゼント・景品選びのマインドとは?

公平性を優先すべし

私の考えるプレゼント・景品選びで重要なことは公平性です。

たしかに誰かを喜ばせることは大事だし喜ばしいことなのですが、幹事が特定の誰かを想定してプレゼント選びをするのは地雷です。

幹事は常に多数の人を同時に相手していることを忘れてはなりません。

褒められたいという欲求を生かせ

『このプレゼントを選んだのは誰?すごい良いセンスだね!』

その一言をもらうために身を粉にしましょう。

特に男子よ、女子は無意識に好印象を共有する。

まずは一人喜ばせること、そうすれば女子全体に君の評価は高まるはず。

モテの追求こそが最大のモチベーションマネジメントです。

プレゼント・景品選びのテクニック

  1. 年齢層と家族構成
  2. 男女比
  3. 攻略対象間の親密度
  4. プレゼントの鉄則

上記の点はプレゼント・景品選びの基本です。

年齢層と家族構成

年齢層と家族構成は超重要です。

年齢層が高くなれば実用性重視、若年層であればデジタルガジェットやインスタ映えなどトレンド重視のプレゼントがうけるという傾向があります。

これはあくまで経験則ですが、調理器具やお掃除ロボットは間違いなく年齢層が高い方にとって魅力的に見えるはずです。

逆に若い方ならスマートスピーカーやBluetoothイヤホンが喜ばれるでしょう。

エンタメ系は万能のように見えますが、子育て世代ではDisneyのペアチケットは持て余しますので、肉や高級食材のカタログがベターです。

http://yomuotoko.com/wp-content/uploads/2018/09/31C9ADDB-14DA-4AA3-977D-B84EA8DE75FC.png
ヨムオ

このように攻略対象の年齢層や家族構成をしっかり把握しておくことで、最初のハードルをだいぶ下げることができるはずです。

男女比

男性はいくつになってもオモチャが大好き、女性は子供のころからリアリストです。

目玉商品となる高級品をもらってうれしく感じるのは共通認識なので、ここでは100円-1000円くらいの引き立て役となるような景品で喜ばせる方法について考えてみます。

男性が喜ぶものは遊べるものです。例えば面白雑貨などその場で開封して使えるものが良いですね。あるいは小学生の工作キットなども目を輝かせて喜ぶはずです。

一方で女性が喜ぶものは、自分でお試し美容系グッズや手袋や靴下など日常に役立つものを好みます。きわめてリアリストです。

しかしながら普段使いの雑貨は色・形の好みが難しいので男性が選ぶと失敗します、ターゲット年齢層と近い女性を連れて買い出しに行くべきでしょう。

http://yomuotoko.com/wp-content/uploads/2018/09/IMG_1568.jpg
ヨムオ

高級品は喜ばれて当然!

攻略対象全体に好印象を抱かせるには男女ごとに喜ぶものを選ぶこと。

攻略対象間の親密度

攻略対象間の親密度は2つの意味で重要です。

1つ目は身内ネタが可能かどうか、2つ目はプレゼント交換が発生するかどうかです。

攻略間が同じ部署であった場合はそれなりの親密度(少なくとも普段から雑談する程度)が期待できますので、共有する話題があるという事です。

一方で他部署の集まりの場合は、親密度が低い状態ですので身内ネタはドすべりする可能性が高いです。注意しましょう。

プレゼント交換が発生するかどうかは幹事にとって大事な事です。

が、親密度が低ければプレゼント交換は発生しないので、ニッチなプレゼントは『なんだ、このクソ景品は?』というネガティブな印象を残すしかありません

かなりリスキーなので他部署から集まる会では必要以上に攻めてはいけませんよ。その先は崖しかありませんから。

それなりの親密度があれば、ニッチなプレゼントを準備してもそれを欲する人のもとへ流れていきます。

http://yomuotoko.com/wp-content/uploads/2018/09/C1A3D654-548C-475B-9869-30059DA1B7A1.png
ヨムオ

同じ部署:親密度高、身内ネタ可、プレゼント交換発生する

     ☞多少攻めても良い

他部署:親密度低、身内ネタ禁忌、プレゼント交換発生しない

     ☞保守的にいくべき

プレゼントの鉄則

前述の3つテクニック以外にもう一つ鉄則があります。

プレゼントや景品をネット上で購入する方に起こりがちなミスがあります。

それは大きさ・重さ・捨てやすさを何もかんがえていないという事です。

大きさと重さは持ち運びに重要ですね。

当然幹事が自分で会場に運ぶのも苦労しますし、受け取った人が持ち帰るのも大変です。

捨てやすさは物理的・精神的両方を考慮します。

例えば捨てるときに分解して分別するようなものはNGですし、記念品感の強いプレゼントは精神的に重たいのでNGです。

http://yomuotoko.com/wp-content/uploads/2018/09/C1A3D654-548C-475B-9869-30059DA1B7A1.png
ヨムオ

プレゼントはもらった後のことも考える!

重さ・大きさ・捨てやすさを忘れないようにしよう。

忘年会・クリスマス会の絶対喜ばれる景品選びの法則【幹事必見】 のまとめ

いかがでしたか?

幹事は見られています、プレゼントや景品選びでさりげなくセンスの良さをアピールすればモテること間違いなしです。

どうぞ今年の忘年会ではぜひ生かしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です